クレジットカードで支払う瞬間

クレジットカードを利用していて私が少し鼻が高くなるときがあります。それは彼女や、女性とのデートのディナータイム時に最後の支払いという段階で、カードで払う瞬間です。ここは私がお金を出すよという意味でカードを出すのではなく、単にかっこつける為にカードで払うという私の姿勢は褒められたものではないかもしれませんが、一種のステータスを感じるのです。結局カードで払うと相手からお金はもらうことはせずに私がおごることになりやすいのですが、それでもあの「カードで」という瞬間が堪らないのです。ただ、提携先ではないお店でカードを出したものの使えなかったときの恥ずかしさも尋常ではないので、事前に使用可能かどうかは調べることをお勧めします。

クレジットカードでちょっとしたご褒美

クレジットカードでちょっとしたご褒美。我が家の両親は父親だけがクレジットカード利用しています。母親はどうもクレジットカードを利用することに抵抗を覚えているようです。父親はランクの高いクレジットカードを使うことに喜びを覚えているようです。限度額ももちろん最高ランクなのでゴルフや食事、旅行にクレジットカードを利用しています。そんな父親と母親ですが、母親も人に1度だけこのクレジットカードのご褒美を預かることになっています。それが最高ランクのカード所有者のために与えられた宿泊や食事です。毎年1回はランクの高いカードの所有者に対して、与えられる正しく特権なのですが毎年これは2人で楽しみに利用しています。

貯蓄なんてない私たち夫婦

結婚し共働きな私たち。日々の生活と意外な出費でぎりぎりかつかつでした。手元には現金がないが給料が入ればそこから払えるのに‥来月は給料が多くて‥でも今これを買わないといけない‥結婚式に行くから現金を置いて置かなければいけない‥そんな時に楽天カードのcmを見て入会してみました。通販はよく利用していたのでクレジットカー払いにすると代引き代が削減できるし特に分割して月々、利息は少しつきますがゆっくりと払えることが私にとってすごく楽になりました。ポイントも付くし3万のものを1ヶ月で購入してしまったら分割で月々5000円払うという感じで、給料がお互い高低差があるのですごく助かっています。クレジットカードって怖い‥そう思っていたのですが今は本当に助けてくれるアイテムです。

クレジットカードの意味を実感する

クレジットというのは信用という意味なのでクレジットカードで買い物をするということは、お金を払わずに信用でものを購入するシステムです。こういった普通のクレジットカードでの買い物も信用というのを実感できるといえなくはないですが、特に日本国内ではこれによって店員の態度が変わったり、ネットなどでの決済がしやすくなったりということはないので信用されていると感じることは逆にないと思います。私がクレジットカードの信用という意味を実感したのは海外でのクレジットカードを使用したときに特に感じました。ホテルのチェックインに関してもクレジットカードを見せると急に係員の態度がよくなったというのも何度が経験しました。店でいろいろと品物を見ていても怪しげな外国人だと思われて無愛想な店員もカードを見せれば愛想よくなったこともありました。そういう体験で本当にクレジットカードは信用の証として存在しているんだと実感しました。